Tokyo Tachikawa Lions Club
第57期
持続可能な
ライオンズ活動を次世代へ
東京立川ライオンズクラブとは?
We Serve!!
われわれは奉仕する!

ライオンズクラブは1917年にメルビン・ジョーンズ氏によって創設されました。
世界210カ国、14万人以上のメンバーが在籍する、世界最大の社会奉仕組織です。
日本では1952年に創設され、約3000クラブ11万5000人以上の会員が在籍しています。
なかでも立川ライオンズクラブは、1962年に結成されて以来、地域に密着した奉仕活動を行っている団体です。

LIONSの名は、強さ、勇気、忠誠、生命活動の象徴であるライオンに由来し、
また、LIBERTY, INTELLIGENCE, OUR NATION'S SAFETY
(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全をはかる)
という、スローガンの頭文字でもあります。

東京立川ライオンズクラブ道徳綱領
・奉仕の特質を価値付けるために、絶えざる努力によって自己の職業に適正な信念を表すこと。

・自己が正当に受けるべき権利として事業の成功を求めもしくは利益を要求すること。然しながら、不公平な利益獲得のため、疑わしい所業を成してまで利益や成功を求めてはならない。

・事業を遂行するに当たっては他人の事業を妨害せざることを念頭に置き、顧客あるいは取引先に忠実であると共に自己にも真実であること。

・世人に対する自己の立場の権利、又は道徳に疑念を生じた場合は、常に自己を犠牲にしても解決すること。

・段ではなく、目的としての友情を見ること。
 真の友情とは、奉仕の行為に基づくものではなくて、その精神を汲んで奉仕をする以外に何物をも要求しないものである。

・公民として国家及び市、町、村に対する義務を忘れず、変わらざる忠誠を言葉に行動に表し、時間と労力とを惜しみなく捧げること。

・不幸な人には同情を、弱い人には助力を、又貧しい人には物を与えて世の人を援助すること。

・批評は注意深く、称賛は惜しみなく、然して、逞しき建設をなして、決して破壊せざること。
東京立川ライオンズクラブ沿革
東京立川ライオンズクラブは今年で55年と長い間奉仕活動を行ってきました。

歴代会長
1965年 柳川会長    初代
1970年 奈良会長    5代
1975年 三田会長    10代
1980年 網野会長    15代
1985年 五十嵐会長   20代
1990年 板谷会長    25代
1995年 中森会長    30代
2000年 小林会長    35代
2005年 大貫会長    40代
2010年 野村会長    45代
2015年 小林会長    50代
2020年 江野上会長   55代
2021年 田畑会長    56代
第57期会長
井上 英徳
HIDENORI INOUE 
会長挨拶

仕事も生活も、すべて新型コロナに影響される状態が続いていますが、昨年末に、当時次期会長から、急きょ次の会長に就任してほしいとのお話がございました。

コロナ禍の影響は、ついにクラブの運営をも揺るがす事態となり、まさに未曾有の災害となってまいりました。このような事態ならば、是非もなく57期会長を引き受けさせていただきました。

ご存知の方も多いとは存じますが、私は本業とは別に、「災害ボランティア活動支援プロジェクト会議」という組織で、災害発生時に、被災地の社会福祉協議会で、ボランティアセンターを立ち上げる役目を仰せつかっています。例年ですと、毎年夏から秋にかけて、西は九州、北は北海道まで、日本全国の災害に派遣されてきました。

しかし、このコロナ禍においてはワクチン接種が進まず、県外者は被災地に入ることが出来ない状態であります。しかしながら、ライオンズ活動に専念できるというメリットを見いだし、ピンチをチャンスに変えることといたしました。

しかし、この記事を書いている最中にも、熱海で大規模な土砂災害が発生し、なんとも心ここにあらずな状態です。被災された皆様にお見舞い申し上げると共に、亡くなられた方へのご冥福をお祈りいたします。

 

 さて、57期のスローガンは、「持続可能なライオンズ活動を次世代へ」とさせていただきました。

これはベテランも若いメンバーも、無理なく、ライオンズ活動が続けられるような一年にしたいと思い、選びました。

ちょっと疎遠になっているメンバーのフォローや、入会年次の浅いメンバーへのケアも実施していきたいと思っています。

また、コロナ禍により、生活が困窮している子育て世帯への支援や、減災に向けた取り組みを実施したいと考えています。

 

 拙い会長ではございますが、伝統あるクラブの歴史を汚さぬ様、一年間頑張りますので、よろしくお願い致します。


第57期
幹事 中野 寿夫
TOSHIO NAKANO

東京立川ライオンズクラブの第57期幹事を拝命されました、中野寿夫です。長い歴史のある東京立川ライオンクラブに入会6年目の若輩者の私が幹事という大役を仰せつかり、身の引き締まる思いでいっぱいです。この5年間、例会と奉仕活動に極力参加させて頂きましたが、まだまだ分からない事ばかりです。諸先輩方から多くのご支援、ご指導、ご叱咤を受けながらの一年となると思いますが、クラブの運営と奉仕活動に支障がないよう、しっかりとこの一年間幹事を務めさせて頂きたいと思っています。

東京立川ライオンズクラブでは、街頭募金活動、クリーン多摩川活動、献血支援活動、自衛隊立川駐屯地での防災航空祭でのバザー活動、正月のカレンダー配布、中学生への善行賞表彰など様々な活動をしております。

私は三年目と四年目に緊急災害環境保全委員長を拝命し、街頭募金活動やクリーン多摩川活動に主体的に携わせて頂きました。その間に、震災当初から始め恒例行事となった3.11東日本大震災の被災者支援の募金活動、西日本豪雨災害の被災者支援の募金活動、胆振東部地震の被災者支援の募金活動と、例年になく多くの募金活動をさせて頂きました。いずれも立川駅前で行いましたが、駅周辺は人の往来が絶え間なく、その中の多く方からのご支援を頂き、沢山の義援金を集めることができました。その中で「ライオンズクラブの募金活動だから信頼して募金できる。」とおしゃって下さる方もおりました。このときは、ライオンズクラブの知名度の高さを実感すると共に、諸先輩方が築き上げた信頼と実績は決して損なうことがあってはならないと痛感しました。

西日本豪雨災害のときは、被災地にある真備LCと呉LCに直接義援金を持参しましたが、わざわざ東京の立川からと驚かれたと共に大変喜ばれたことを記憶しております。街頭募金活動だけでも奉仕活動に参加しているという実感と被災者への何らかの助けに繋がるという喜びを得られますが、実際に義援金を手渡すことによって感謝の気持ちを肌で感じることができ、募金活動をして良かったということをなお一層実感することができました。

「持続可能なライオンズクラブを将来に!」という井上会長が掲げる今期のスローガン。役員や委員長並びにメンバーの負担を軽くして、メンバー本来の仕事に支障なく例会やアクティビティなどのライオンズクラブの活動に参加しやすくすると共に、奉仕の精神がある方なら気軽にライオンズクラブに入会できる環境を整えることだと理解しております。若くて元気なメンバーが少しでも多く入会してもらえれば、ライオンズクラブの将来も安泰です。

この一年間、会計密山L、テールツイスター田口L、ライオンテーマー乙幡Lと共に井上会長を支え、第57期を盛り上げていきたい所存です。また、メンバーの皆様方のご協力、ご支援がなければ、この57期を無事に終えることはできません。皆様、この一年間宜しくお願いします。

第57期
会計 密山 晋吾
SHINGO MITSUYAMA
第57期会計を拝命した密山です。
私は第53期に立川ライオンズクラブに入会させていただき、まだまだ4年間と解らないことばかりではございますが、幸いなことにライオンテーマー長、テールツイスター長と2つの役を経験させていただきました。

そのため毎月開催される理事会に参加することができ、諸先輩方が真剣に運営や方針について議論しあっている姿を見て、そして肌に触れることが出来、ライオンズクラブの歴史や偉大さを少しでも知ることが出来ました。

私の人生の中で、このような場に参加できるようなことは今までなく、始めの頃は緊張の毎日で、何とか付いていこうと必死でした。
しかしそこには、たくさんの学びがあり、とにかく素晴らしい経験となりました。

そんな若輩者の私が今期は3役という大役を仰せつかりましたので、恐縮ではございますが、偉大なライオンズクラブに少しでも貢献出来るよう尽力して参りたいと思います。

コロナ渦により前期は定例会もアクティビティもほとんど行えない一年となり、それに伴い新規の入会者もありませんでした。

今期も前半は間違いなくコロナ渦で通常通りのライオンズクラブのアクティビティ活動等が出来ないことが予想されます。

大切なのは置かれた状況下で何が出来るかを考え、それを行動に移していくことです。
その思いを強く持ち、クラブの発展に繋がるような行動をして参ります。

又せっかく運営に携われる役をいただきましたので、会計業務だけではなく、積極的に会員増へ向けても活動していきたいと思います。

経験豊富な井上会長と常に冷静な中野幹事の側で学べるこの1年を精一杯楽しませていただきます!

右も左もわからぬ若輩者ではございますが、どうぞご指導のほど宜しくお願い致します。
メンバー紹介
01.赤尾 勝一   株式会社 美松
02.新井 孝明   新井商事 株式会社
03.石原 正夫   有限会社 カドーはやし
04.市原 謙一郎  有限会社 ダイワケアサービス
05.伊藤 隆正   宗教法人 高野山真言宗真泉院
06.伊藤 良和   株式会社 ドリーミー
07.井上 英徳   小室ホールディングス 株式会社
08.井上 太    有限会社 イノウエコーポレーション
09.内川 一之   ホテル日航立川 東京
10.内堀 澄雄   株式会社 内堀
11.梅田 春生   有限会社 梅田経営センター
12.江野上 孝一  株式会社 さくらアネックス
13.遠藤 峰吉   つばさホーム 有限会社
14.大久保 昭彦  大久保税務会計事務所
15.大澤 英人   大澤英人司法書士事務所
16.荻田 武男  
17.尾崎 均    有限会社 多満与志
18.尾嶋 繁    リッチマネジメントシステム有限会社
19.加藤 英孝   株式会社 静
20.河村 加乃一  株式会社 アイ・ティ・エム・ケー
21.川本 雅宣   株式会社 ラテックス・インターナショナル
22.木原 敏男   株式会社 ジェヌイン
23.木村 孝一   社会保険労務士法人木村事務所
24.小出 隆夫   三洋自動車工業株式会社
25.小嶋 憲郎   アルファ
26.小林 正治
27.佐久間 国夫  株式会社 佐久間工務店
28.笹本 悦弘   社会福祉法人・武蔵村山正徳会
29.佐藤 好朗   株式会社 ティーコート
30.鹿野 輝明   有限会社 丸信
31.清水 孝治   清水孝治事務所
32.白石 育夫   西部信用金庫立川南口支店
33.白木 一郎   株式会社 白木土建
34.須崎 昭平   株式会社 三 昭
35.鈴木 健市   社会保険労務士法人Next Partners
36.鈴木 武    株式会社 立川印刷所
37.高橋 孝弘   株式会社 ムーブシステム
38.田口 博也   株式会社 T'sコーポレーション
39.谷澤 和紀   たにざわ歯科クリニック
40.田野倉 和巳  株式会社 T・S・C
41.田畑 隆   福島重機 株式会社
42.田宮 禎久  パレスホテル立川
43.手塚 英雄   株式会社 テズカ
44.戸花 靖典   司法書士戸花事務所
45.長島 昭久   長島昭久事務所
46.中野 寿夫   有限会社 揮祥
47.中野 博之   株式会社日立ビルシステム
48.成瀬 聰    南立川法律事務所
49.西尾 太一   株式会社 マスターハウジング
50.野尻 光浩   株式会社 ユタカホームプラス
51.浜中 俊一   有限会社 浜中石材店
52.平野 実    株式会社 平野製作所
53.松尾 昭俊   株式会社 広友社
54.三上 修平   三京塗装工業 株式会社
55.密山 謙吾   株式会社 多摩総合地所
56.密山 晋吾  株式会社 Tre Monte
57.宮澤 公廣   エコア 株式会社
58.宮武 洋吉   立川北法律事務所
59.森 義典    有限会社 もりげん
60.森山 泰文  多摩中央葬祭 株式会社
61.堀江 秀一   多摩信用金庫 南口支店
62.矢島 浩    株式会社 レスターエレクトロニクス
63.吉浦 健志   陸上自衛隊 立川駐屯地司令
64.吉田 正義  
65.渡辺 晴志   新成外興 株式会社
67.乙幡 直樹   有限会社 樹心
68.大関 謙吾   有限会社グリッドワークスコンサルティング
69.河西 俊    株式会社 カサイ




獅子たちの軌跡
奉仕活動紹介
★募金活動
★クリーン多摩川
★献血
★カレンダー配り
地域密着した奉仕活動
東京立川ライオンズクラブは立川を中心に地域貢献する活動をメンバー全員で行っております。
募金活動
災害が起こるたびに立川駅のロータリーでメンバーが声掛けを行い募金をお願いしております。
クリーン多摩川
このアクティビティは立川ライオンズクラブが50年以上行なっているアクティビティ
等地域に密着した奉仕活動を55年以上継続しております。
西日本豪雨災害支援募金

最高の感動を味わえました

台風19号支援募金
募金してくれた方々に心から感謝です。
東日本大震災支援募金
9年連続で行っております。
北海道胆振東部地震支援募金
被災地に直接渡して来ました!

東京立川ライオンズクラブ行事
東京立川ライオンズクラブ
通常例会
会員は通常例会として1ヶ月に2回集結し、その例会はクラブ最高決定機関として運営し、アクティビティの内容、奉仕活動の計画、予定を立てる。
第一例会は昼間に行われ、第二例会は夜に行われます。
今期の例会会場は立川パレスホテルで行い、執行部からの報告や、新入会員の入会式、夏には納涼例会として涼しげな衣装を着て楽しいひとときもあります。
ゲストを呼んでの卓話などが行われてたりもします。
移動例会として長い歴史のある立川ライオンズクラブだからこそ、通常では入れない自衛隊駐屯地の中で例会を行ったりもする。
チャリティボーリング大会
総勢150名以上でチャリティボーリング
東京立川ライオンズクラブは、チャリティを目的と地域活性化を含めてボーリング場でチャリティ活動を行ったりもしています。
関係者の繋がりや、他クラブからいろいろな方からお集まり頂き前回のチャリティボーリングでは総勢150名以上の方が参加し募金して頂きました。
チャリティゴルフ
総勢200名越えのゴルフ場貸し切りチャリティ
東京立川ライオンズクラブはアクティビティの一環として名門ゴルフ場を貸し切り総勢200名を超える参加者を集いチャリティ活動を行っております。
ショートコースで、ワンオン募金など、参加者が楽しみながら募金をしてもらえるよう実行委員会が企画して、運営します。
立川シティマラソン大会
最高の感動を味わえました
立川シティハーフマラソン(旧名称、立川マラソンから立川昭島マラソン)は、青年健全育成事業を目的とし特別協賛を第30期より10年間やっておりました。
第42期より今現在まで中学三学年・小学3年生から6年生の各学年の記録優秀者(1位、2位、3位)にライオンズメダルを贈呈するアクティビティを続けております。
毎年三月に開催されるハーフマラソンは幅40 メートルの陸上自衛隊駐屯地の広大な滑走路をスタート地点として国営昭和記念公園内にゴールする。
日本学生ハーフマラソン選手権大会も併催され箱根駅伝出場選手はじめ多くの学生ランナーか出場します。そのスピード感を体感できます。
高低差15メートル以内のフラットなコースで好記録が期待できます。定員8,600名となる大きな大会です。
青少年育成行事
青少年の未来も大事なアクティビティ善行賞
善行賞とは、立川市内の中学生を対象に青少年を取り巻く環境の悪化に鑑み、我々地域の大人たちが地域青少年のためにできることの1つとして、地域社会に貢献するを行い、青少年の「善い行い」を積極的に取り上げ、これを賞揚することにより、善行が報われる喜びが将来への糧となればとの願いを込め、青少年健全育成活動の一助けなることを目的とした表彰です。
東京立川ライオンズクラブの独自のアクティビティとして立川の中学校とともに青少年に表彰状を出しています。
どんな方が表彰されるか?スポーツで1番とか、勉強で1番とかではなく、目立たない所で頑張った青少年達を表彰しております。
一生の仲間作り
CUSTOMER VOICE
同好会
クラブ内で共通の趣味の人が集まる同好会
共通の目的を持った人が集まれば自然と強固の仲間ができますよね。そんな素晴らしい仲間の中で共通の趣味を持った人達が行うのが同行会。
ゴルフ同行会や、マラソン同行会など、もちろん新しく同行会も作られていき奉仕活動の中でも素晴らしい思い出を作る事ができます。
年一度の旅行例会
香港、台湾、広島など年に一度クラブメンバーで旅行
ライオンズクラブは立川だけではなく、全国、世界で行われています。アジアフォーラムは年に一度アジアのどこかで世界中のライオンが集まります。とてもスケールもでかく感動します。立川のメンバーからも参加者としていろいろな国や場所へ旅行も兼ねて行きます。とても楽しい素晴らしい時間を過ごすことができます。
仲間
奉仕という共通の志からできる本当の仲間
立川ライオンズクラブのメンバーは経営者だったり、ホテルの支配人だったり立川を中心に一戦で活躍している人ばかりです。そんな人達と出会えて奉仕活動を共にする事により、年齢問わずに自然と仲間になっていきます。大人になってからの本当の友情が生まれるのもこのライオンズクラブの大きな魅力です。
笑顔の絶えない奉仕活動
56年という長い歴史から培われた笑顔の秘訣
本当に長い間決して楽ではない奉仕活動を続けられるのはそこに楽しさと感動があるからです。時代によって奉仕の形は変わっていくものですが、変わらないのが人のありがとうって言われた時の言葉。
その言葉が原動力になり私たちライオンズクラブは50年以上そしてこれからの50年以上続くものだと、考えております。
感謝
ここまで築き上げてくれた獅子達へ
立川の町のように発展し続け、そして継続してこれた、東京立川ライオンズクラブ。支えてくれた先輩獅子への深い感謝。
東京立川ライオンズクラブの50年以上の思い出の写真をめくると今当たり前に行われているアクティビティどれもがスタートがあったはず、物事を始める事はとても大変ですし、それを継続し続けるのはもっと大変だったと思います。私たちはこれからも先輩獅子達が作ってくれた歴史を途切らす事なく発展させていける努力をし続けます。
約束
明るい未来を作る為に獅子としてやらなければいけない
55年とても長い間この立川で奉仕活動してきました。
この子の未来を明るく作る為に、今困っている人、今困っている問題を解決していくことが明るい未来を作ることに違いない。
「We Serve!!」約束します!私たちはこの子達の明るい未来の為に奉仕し続け、これからの50年、100年続いていくよう精進します。



東京立川ライオンズクラブ 獅子たちより
アクセス
東京立川ライオンズクラブ
住所〒190-0012 東京都立川市曙町2-6-7尾崎ビル4F
T E L 042-524-0954  
F A X 042-524-0431

HP   http://www.tachikawa-lions.com/
mail info@tachikawa-lions.com/

CONTACT US

お問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。

送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信