東京立川ライオンズクラブ
   
  ライオンズクラブマーク FaceBook   FaceBook
  ライオンズクラブ国際協会 330-A 13R 1Z 
     

昭和記念公園 立川市全景 立川市街地 立川駅北口 立川大通り

クラブ概要 クラブ沿革 活動内容 委員会 メンバー紹介 年間予定


 

 

 L iberty  I ntelligence  O ur  N ation's  S afety


   ( 自由を守り、知性を高め、我々の国の安全を図る )




 ライオンズの活動紹介


 ライオンズクラブの最も大きな特徴は、地域の発展と、文化の向上をはかる為に、会員が一致団結して、さまざまな社会奉仕活動を行っていることです。 クラブのモットー『We Serve』(我々は奉仕する)にもある様に、私達は自らの身体を動かして社会に奉仕することに大きな意義と誇りを持っています。
 世界に最初のクラブが出来たとき(国際協会の創立) 1917年(大正6年)アメリカ・シカゴで、或るビジネスサークルで活動していたメルビン・ジョーンズによって、『せっかく集まったサークルで、ただ食事をしながら仕事の話だけで終わってしまうのは残念だ。何とか社会の向上に寄与出来れば。』 との願いから結成されたのが、ライオンズクラブです。
 国際協会の本部は、アメリカ・イリノイ州オークブルックにあり、現在、世界181ヶ国に約4万3千のクラブがあり、約142万人のメンバーが参加しています。
 日本人で初めて国際協会の会長になったのは、故村上薫Lで、二人目になるはずであった故小川清司Lは、残念ながら
第一副会長の時に亡くなりました。
 
  日本最初のライオンズクラブの誕生と現況は、太平洋戦争後の1952年(昭和27年)に、マニラ・ライオンズクラブが
スポンサーとなって、『東京ライオンズクラブ』を結成したのが日本での最初のクラブの誕生です。
 現在日本全体で、3,262クラブ、164,292名のメンバーが活躍しています。
 


 ライオンズの目的


・世界の人々の間に相互理解の精神を培い発展させる。
・良い施設と良い公民の原則を高揚する。
・地域社会の生活、文化、福祉及び公徳心の向上に積極的関心を示す。
・友情、親善、相互理解の絆によって会員の団結とクラブ間の融和を図る。
・政党、宗派を除いて、凡ゆる公共の問題を充分かつ自由に討論出来る場を設ける。
・各職域における能率と道徳心水準の向上を専らとして、各会員に対する経済的利益を意図せざること。
 特定の政党は支持しない。
 


 ライオンズ道徳綱領


・奉仕の特質を価値付けるために、絶えざる努力によって自己の職業に適正な信念を表すこと。
・自己が正当に受けるべき権利として事業の成功を求めもしくは利益を要求すること。
 然しながら、不公平な利益獲得のため、疑わしい所業を成してまで利益や成功を求めてはならない。
・事業を遂行するに当たっては他人の事業を妨害せざることを念頭に置き、顧客あるいは取引先に
 忠実であると共に自己にも真実であること。
・世人に対する自己の立場の権利、又は道徳に疑念を生じた場合は、常に自己を犠牲にしても解決すること。
・段ではなく、目的としての友情を見ること。
 真の友情とは、奉仕の行為に基づくものではなくて、その精神を汲んで奉仕をする以外に何物をも
 要求しないものである。
・公民として国家及び市、町、村に対する義務を忘れず、変わらざる忠誠を言葉に行動に表し、時間と
 労力とを惜しみなく捧げること。
・不幸な人には同情を、弱い人には助力を、又貧しい人には物を与えて世の人を援助すること。
・批評は注意深く、称賛は惜しみなく、然して、逞しき建設をなして、決して破壊せざること。
 



▲ページトップに戻る

▲HOMEに戻る